失明は実際にあったのか

悩んでいる女性

ネット上でいろんな情報を調べていると、とにかくまつげ美容液に関する失明の話がたくさん見られます。
そのため調べれば調べるほどまつげ美容液に対しての恐怖感が膨れ上がってしまうでしょう。

では実際に本当にまつげ美容液で失明することはあるのか?
これが本当の話であれば、とても怖くてこれから使い続けることができないと思います。

まず普通に市販されているまつげ美容液には、特に危険な成分は入っていません。
化粧品として扱われているものであり、なかには医療機関で処方してくれるまつげ美容液もあるので、まつげ美容液自体の危険度はほぼないといってもいいでしょう。
ただしまつげ美容薬は医療薬品としても有名なので、人によっては副作用を生じさせることもあったりします。

ただ結論からいっておくと、実際にまつげ美容液の副作用で失明した人は今のところいません。
現に大きなニュースとしても流れたことはないので、今のところはそこまで不安に思う必要はないと思います。

でも別の副作用があることは否定できないので、あなたもそれだけは常に注意しておかなければいけません。
たとえば色素沈着によって目の周囲が赤くなったりかぶれるといった状態になる場合があります。
特に皮膚が弱い人は炎症を引き起こしやすいので注意してください。

だからもしこれらの副作用が気になる人は、肌が荒れやすい時期を避けてまつげ美容液を使うようにしましょう。
他にも妊娠中の人だったり、体調があまりよくないときに使うことで副作用を起こす可能性があったりします。
初めてまつげ美容液を使おうとしている人は、ぜひこのことは頭に入れておいてください。